学生

医者になるためには

医者になるためには

勉強

日本で医者になるためには、医学部に入学する必要があります。日本の医学部は6年制です。医学部を卒業する資格を得て初めて、医師国家試験を受験する資格を得ます。そして医師になるためには、医師国家試験に合格する必要があります。国家試験は一年に一度ですから、不合格となれば来年まで浪人する必要があります。医師国家試験に合格後は、それぞれ2年間の研修期間を経て、ようやく医師になることができます。医者になるためには様々な難関が待ち受けていますが、その中でも最も難関なのが研修、その次に医学部合格ではないでしょうか。医学部合格は自分との闘いであるため、人の命を預かりながら、様々な人間関係に揉まれる研修よりは楽といえます。

トップ講師の指導に学ぶ

医学部合格は自分との闘いとはいえ、非常に難関です。定員数も少ないため、単純に偏差値だけでは計測できない難しさもあります。また高い学力を養うためには、自己管理能力も必要となりますし、医学部の多くは入学試験に面接も課しています。そこで専門予備校に通う人が多いのです、専門予備校であれば、医学部受験に特化した指導を行ってくれます。中には寮を完備している予備校もありますし、女性限定など環境に細かく配慮した予備校も増えてきています。例えば医学部専門予備校に関しては、授業料が年間数百万程度が相場と、非常に高い傾向にありますが、様々な割引制度、奨学金制度を設けているところが大半です。自分の学力や経済状況と相談して、条件のあう専門予備校を選ぶことで、医学部突破への道が開ける場合があります。